生活習慣を直して、うつ病に打ち勝ちましょう

男性のシルエット

サポートを受ける

サポートする制度があるのです

近年、よく耳にする機会が多ったのがうつ病です。 うつ病の一番の原因は、ストレスと言われています。 しかし、原因はストレスと一言でいっても、実はいくつかあるのです。 それは、人間関係などによる精神的ストレス、体のゆがみからくる構造的ストレス、栄養不足などからくる化学的ストレス、寒かったり、暑かったりすることで感じる温度と湿度のストレスの4つのストレスが、うつ病の原因と言われています。 うつ病の治療は、けがや病気などと違い、治療がいつ終わるのかわからない不安があります。 そして、治療中は通院にかかる費用や薬代など、予想以上にお金が必要になってくるのです。 このようなお金の不安を解消するべくできたのが、自立支援医療費制度というものです。 これは、市役所の福祉課に申請すると、医療費が1割に抑えられるというものです。 これで、お金の心配をすることなく、治療に専念することができます。

まずは焦らずやってみよう

うつ病は、生真面目で何事にも一生懸命がんばる、妥協ができない性格の人がなりやすいと言われています。 そのため、うつ病の一番の原因と言われている、ストレスをためこみすぎてしまい、心が疲れてしまう状況になってしまうのです。 うつ病になってしまったら、まずは信頼できる医療機関に通院し、焦らずじっくり治療に専念することが大事です。 特に大事なのが、食事です。 うつ病の症状の1つでもある、食欲不振で食べ物を食べる気力さえなくなる時も、牛乳や果物、シリアルなどの食べやすくものだけでも食べて、まずは体力を落とさないように心掛ける必要があります。 果物の中でも特におすすめなのが、バナナです。 栄養価も高く吸収のよいバナナは、そのまま食べても、牛乳と一緒にミキサーにかけてドリンクにしても、おいしく食べられる手軽な食材です。 体力が落ちると、より体が重くなり、動くのが辛くなるという悪循環に陥ってしまうのです。

Menu