生活習慣を直して、うつ病に打ち勝ちましょう

heal a patient

CONTENTS

溜め込みが原因

ストレスを貯めこんでいる状態になっていると、うつ病になってしまうリスクが高まってきてしまいます。これらを回避するためにも精神科や心療内科の医師へ相談を進めていくことが大切であると言えます。

詳細を確認する

解消方法を探る

うつ病を解消する為には医療機関へ受診を行っていくことが必要になります。また、原因に応じて改善方法を医師から提案してもらうことが出来るので、これらの情報を元に治療を進めていきましょう。

詳細を確認する

性格による

うつ病にかかる根本的な原因として、性格が影響されています。自分に対して厳しくしているという人は、更にかかりやすくなってしまうので、考え方を変えるためにも医師からアドバイスをもらいましょう。

詳細を確認する

栄養不足による発症

うつ病の原因は1つではない

世界の中でも、うつ病になる人が多いと言われる日本ですが、最近は特に若い人のうつ病が問題となっています。 これまで、多くの研究者がうつ病について研究してきましたが、わかっていることは、うつ病の原因は1つではないということです。 とても辛いことや悲しいことが起こったために、うつ病を発症することはありますが、多くの場合、以前から心の問題を抱えていた人が、辛いことや悲しいことが起こったのをきっかけにして、うつになることも多いのです。 うつ病になった場合、軽い症状であれば休養を取ることで治る場合もありますが、症状が重くなると薬物療法や精神療法などが必要になってきます。 最近は、非常に効果のある精神療法なども出てきており、うつの状態が改善される人が増えています。 うつの症状が出たら、まずは心身を休めて、早めに精神療法やカウンセリングを受けることが大事です。

焦らずに静かに見守ってあげることが大切

不足しているビタミンやミネラルを補ったところ、うつ病の症状が改善されたケースもあります。 うつの原因には、実は栄養不足も入っているのです。 ビタミンやミネラルが不足すると、うつになりやすいという研究結果もあります。 特にビタミンBは、イライラや憂鬱な症状に効果があると言われており、精神的な疲れのためのサプリメントとして利用している人も多いです。 うつの原因が明らかでない場合、本人も家族など周囲の人間も焦ってしまって状況を悪化させてしまうことがあります。 しかし、うつの原因は様々なことが重なっている場合も多いので、時間をかけて少しずつ治療していくことが実は治療の近道なのです。 うつ病患者の周囲の人は、焦らずに静かに見守ってあげることが大切です。

うつ病は歴史の長い病気なのです

「うつ病」という言葉が世間に知れ渡るようになったのは、割と最近の話のように思われます。 しかし、概念的な意味ではなく、存在としては一説では狩猟時代からあったとされています。 また、概念的な側面では紀元前に古代ギリシャの医学者であるヒポクラテスがうつ病に合致する 概念を提唱していたとされています。 そのとき、ヒポクラテスは「4体液説」を唱えました。 これは、人体が血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁の4体液からできているという考え方です。 このうち黒胆汁が多いとうつ病の気があるといわれていました。 うつ病の概念の始まりはそこにあるとされています。 そして、原因は先述の通り、「体液の構成」とされていたのです。 さらに時代が進むと今度は「悪魔が棲みついているから」ともされるようになりました。 病気は悪魔によるものだという超次元的な考え方が流行っていたころです。 そして現代、少し前では医者を以てしても「原因不明」とまで言われたうつ病が、 昨今では「脳内伝達物質のバランスが乱れること」とする意見が主になりました。

今後、どのような原因でうつを発症する例が出るのでしょう

先で述べたように、うつ病の原因や正体に対する考え方は時代や時期ごとにまったく異なります。 現在では、脳内伝達物質のバランスが挙げられるようになりましたが、 今後の研究でまた見解が変わるかもしれません。 しかし、これまでの過程をさかのぼると、うつ病への考え方として 確実に言えることもあります。 それは「その原因とされているものが物質化、先天化されてきている」というものと、 「結局は甘えが度を越したもの」というものです。 医学的な見地では、もともと「甘え病」といわれていたうつ病も「心の風邪」などと 言われていた時期をも通り越して今の見解に至っています。 したがって、抽象的な見方から、具体的でなおかつ物質的になっています。 一方、どうしても偏見的な見解として「甘え」とくくられてしまう現状もあります。 これから、うつ病の、特に原因に対する見方は2つあると考えられます。 一つは「生まれつきの体質、ホルモンバランス」など、よりはっきりと具体化していく ”遷移的”なものです。 もう一つは、「結局はただの甘え」とする一昔と変わらない不動のものです。

ストレスによる不調

仕事や学校でストレスを受けると、うつ病になってしまうことがあります。原因となる状況が続いてしまうことによって、症状は更に悪化していくので、これらを防ぐためにもカウンセリングを受けておくことが必要になります。

もっと読む

サポートを受ける

うつ病の症状を改善するためにサポートを行ってくれる自治体も沢山あります。申請を行なうことによって、治療費を抑えていくことが可能になるので、加入を検討してみましょう。

もっと読む

Menu